ショップ紹介

海との関わりから見えてくるもの・・・ APNEA(アプネア)は、英語で「無呼吸」、イタリア語では「息止め呼吸法」、そしてスノーケリング(スキンダイビング)の世界では、「素潜法」を意味します。

身一つで水面(海)を移動する行為には、波や風のパワーリズム(自然力)との調和が求められます。自然体験では、自然力を理解し味方につけることがとても重要になります。

アプネア・アドベンチャー石垣島は、ツアーにご参加される皆様に、海に触れることでそうした「自然力との調和」を少しでも体感して頂きたいと願います。


アプネア・アドベンチャー石垣島
住所〒907-0453 石垣市川平山原1216-354
TEL0980-88-2727
E-mailinfo@apnea.jp
交通石垣空港から車で約30分、市街地から車で約30分 アクセスページ
 アプネア・アドベンチャー石垣島は八重山SUP協会加盟店です。

プロフィール

アプネア・アドベンチャー石垣島主宰者、山下秀之プロフィール10代でサーフィンを始め、その後ウィンドサーフィンの経験を積む。
1990年代西表島にて、カヤックを使用した少人数制自然体験活動によるエコツアーサービス、マヤグスク・エコアドベンチャーズを設立
西表島内の同業者と共に西表島カヌー組合を立ち上げ初代会長を務める
日本エコツーリズム協会のGood Eco Tour「このガイドさんに会いたい100選」に選ばれる
2008年石垣島に拠点を移し川平山原(ヤマバレ)にアプネア・アドベンチャー石垣島を設立
2014年 八重山スタンドアップパドル協会(YSUP)を同志と設立
2016年から2年間YSUP会長を務め、現在理事として安全対策やSUPインストラクター育成に努める

資格・経歴:小型船舶一級操縦士免許、沖縄県自然体験活動指導者、自然体験活動推進協議会(CONE)リーダー、NAUIスキンダイビングインストラクター、赤十字水上安全救助員、L.S.F.A. (Life Supporting First Aid)、SUPA(日本SUP協会)インストラクター、YSUP(八重山SUP協会)インストラクター


秀倉雄太プロフィール大好きなサーフィンを通した海での経験を活かして、安全で楽しいツアーのサポートをします。
細かい気配りで、親切丁寧なガイディングが持ち味です。

趣味:サーフィン、柔道(二段)、沖縄角力、洗濯
資格:PADIレスキューダイバー、赤十字水上安全法救助員、YSUPインストラクターガイド


中川武彦(ハッチ)プロフィール15歳の頃からサーフィンを始め、高校卒業後オーストラリアに3年、ハワイ(マウイ島)に12年住み、2005年に石垣島に移住。
マウイ島でのエコツアーガイドやウエスタンスタイルの乗馬ガイドとしての豊富な経験を活かして、ご参加者の思い出に残るツアーをサポートします。

資格:YSUPインストラクターガイド